コスト最適化のワークショップに参加してきました

f:id:m-sato-lvgs:20200108172806p:plain

こんにちは、msatoです。

AWS re:Invent2019のワークショップ「ENT206 Optimize AWS costs and utilization with AWS management tools」のレポートになります。

概要

この実践セッションでは、AWSのツールとサービスを使用して、ビジネス全体のコスト最適化を推進する方法を学びます。 AWS IAMポリシー、AWS予算、AWSコストエクスプローラーなど、コスト管理のコアツールを検討します。これらのツールを習得した後、Amazon Athenaを使用した高度な課金分析と、Amazon QuickSightを使用した視覚化について詳しく説明します。

原文

In this hands-on session, you learn how to use AWS tools and services to drive cost optimization throughout your business. We look at the core tools of cost management, such as AWS IAM policies, AWS Budgets, and AWS Cost Explorer. After mastering these tools, we go deeper into advanced billing analysis with Amazon Athena and visualizations using Amazon QuickSight.

スピーカー

Nathan Besh Cost Lead, Well-Architected , Amazon Web Services Arthur Basbaum AWS Cloud Economics , Amazon Web Services

レポート

Governance

AWS BudgetsとIAM Policiesでコストの統制を行います。

  • AWS Budgets
  • 使用量と支出を通知することができる(予算を超えたらアラートを飛ばす)
  • 予算の使用状況をレポートにして、配信することが可能
  • IAMポリシー
  • ユーザが起動できるインスタンスのタイプを指定することができる(t3.larage以下を起動できるようにするなどができる)

Visualization and Analysis

f:id:m-sato-lvgs:20200108174547p:plain

Cost ExplorerやGlue、Athena、QuickSightを使ってコストを可視化します。

  • Cost Explorer
  • 無料で使えるコスト分析ツール
  • コストと使用状況を分析し傾向やコスト要因を把握することができる
  • Glue
    • マネージド型 ETL (抽出、変換、ロード) サービス
  • Athena
  • Amazon S3 内のデータをSQLを使用して分析できるサービス
  • GlueとAthenaを活用したコスト可視化
  • コストのレポートをS3に保存する(請求ダッシュボードから可能)
  • Glueを使ってデータを分析しやすい形に整えます
  • Athenaで分析する

クエリの例)

Top10 アカウントIDごとのコスト

select "line_item_usage_account_id", round(sum("line_item_unblended_cost"),2) as cost from "workshopcur"."workshop_c_u_r"
where month(bill_billing_period_start_date) = 12 and year(bill_billing_period_start_date) = 2018
group by "line_item_usage_account_id"
order by cost desc
limit 10;

Top10 EC2 Costs

select "line_item_product_code", "line_item_line_item_description", round(sum("line_item_unblended_cost"),2) as cost from "workshopcur"."workshop_c_u_r"
where "line_item_product_code" like '%AmazonEC2%' and month(bill_billing_period_start_date) = 12 and year(bill_billing_period_start_date) = 2018
group by "line_item_product_code", "line_item_line_item_description"
order by cost desc
limit 10;

Right Sizing

インスタンスのサイズを適切にして、コストをカットします。

  • インスタンスのサイズを一つ落とすと、料金は半分になる
  • Cloudwatch
  • インスタンスで使用しているリソースの状況を確認する
  • Cost Explorer EC2 Optimaization
  • cloudwatchで取得しているメトリクスからインスタンスサイズをレコメンドする
  • cloudwatch agentからのメトリクスもレコメンドに使える

Pricing Models

Savings Planを使って、コストの割引を受けます

  • Savings Plans
  • 1年間または3年間、一定の利用料をコミットするだけで、その利用料に対して割引がてきようされる
  • Cost Explorer > Savings Plansから見積もりを確認することができる
  • RI report
  • Cost Explorer > Savings PlansからRIのレコメンドを確認できる

Well-Architected Tool

f:id:m-sato-lvgs:20200108174616p:plain

AWSのベストプラクティスにそったアーキテクチャにすることで、コストを最適化します。

  • Well-Architected Tool
  • サービス > Well-Architected Toolから使用できる
  • 運用上の優秀性、セキュリティ、信頼性、パフォーマンス効率、コスト最適化の5つの柱からなる質問に答えることで、現状とベストプラクティスを比較できる

まとめ

弊社でもリザーブドインスタンスを購入するなど、コストカットの取り組みは行ってきました。 このセッションを聞いてまだまだできることはありそうだと感じました。

コストについて知って、お得にAWSを使いましょう。